【とっておきの京都】日本酒だけじゃない!京都・伏見の注目スポット8選

京都・伏見と言えば、日本酒が有名ですよね!「伏水」と呼ばれる水から造られる日本酒は、そのやわらかさから“女酒”と呼ばれます。 人気の伏見稲荷大社から少し足を伸ばした「伏見桃山エリア」で、日本酒と絡めた、注目のスポットを掲載した記事をご紹介します!

京都で初開催!!Runtrip via KYOTO FUSHIMI

日本三大酒のひとつで、きれいな水とともに酒づくりが盛んな京都「伏見」。酒蔵が建ち並び、歴史と風情があふれる街に集まって、ランナー友達の輪を広げてみませんか?どこを走るか、誰と走るか、全てあなたの自由です。アプリを使ってランニングと観光を楽しんだら、決められた時間にみんなで一緒にゴールをしましょう。ゴール会場では美味しい日本酒やフードを楽しみながら、ランナー同士の交流を楽しめます! 【Runtrip via】の記事はこちら⇒

12/19~20開催!冬の酒蔵特別公開in月桂冠大倉記念館

京都の酒処、伏見。日本酒が1年で1番美味しく呑める季節をご存知ですか?日本酒ツウの方には常識かもしれませんが、日本酒が1番美味しいのは、冬から春にかけての時期です。秋に収穫された新米を原料に、冬から春にかけて丁寧な手作業で仕込み、新酒ができあがります。 その新酒のお披露目会として、月桂冠大倉記念館にて冬の酒蔵特別公開」が開催されます。 【冬の酒蔵特別公開】の記事はこちら⇒

伏見であい橋からスタート!ノスタルジックなお散歩コース

京都・伏見区にある「伏見であい橋」は、2017年に大ヒットした映画「君の膵臓をたべたい」で、高校生たちの通学風景のロケ地となり、映画のポスターデザインにも登場するスポットです!また、地元の人しか知らない、“桜の穴場スポット”でもあります。 【伏見であい橋】の記事はこちら⇒

12/1・2/23-24開催!伏見銘酒協同組合 酒蔵開き

酒どころ伏見の、山本本家、豊澤本店、鶴正酒造、平和酒造の合同酒蔵開きが、伏見銘酒協同組合の敷地で行われます。 第1弾は、12/1(日)に開催!来場者は約3,000人と大盛況でした!残念ながら、参加できなかった日本酒ファンのみなさん! 第2弾の開催も決定しています♪第2弾は、2/23(日)・24(月)の2日間連続で開催されます! 【伏見銘酒協同組合 酒蔵開き】の記事はこちら⇒

2月23日・3月14日「京都日本酒電車」貸切運行!

2/23(日・祝)・3/14(土)の2日間、京都ではおなじみの「京阪電車」が、「京都日本酒電車」として貸切運行されるイベントが開催されます! 車内では、京都各地の日本酒10銘柄の飲み比べと、名店料理人が作った特製おつまみ弁当をご用意♪呑んべい必見の2日間です。 午前便と午後便の1日2本運行♪前回は満員御礼となったイベントなので、事前予約はお早めに! 【京都日本酒電車 貸切運行】の記事はこちら⇒

歴史好き必見!歴史人×京都まち歩き謎解き

全国各地の城郭、関ヶ原の合戦や本能寺の変、坂本龍馬に新選組などの、数々のロマン溢れる事柄や人物に焦点を当て、取り上げることで知られる雑誌「歴史人」。

2019年10月に発売された別冊歴史人では、京都に都が置かれていた平安時代から幕末の動乱期まで10個の謎を取り上げて紹介されています。

【歴史人】の記事はこちら⇒

伏見の酒を美しく呑む〜より深く京都を味わう“酒と器”のマッチング

京の酒どころ、伏見。 風情あふれる町並みに多くの酒蔵が立ち並ぶ、日本でも指折りの銘醸地です。日本三大酒どころのひとつとしても知られる伏見のお酒は、そのやわらかな香りとふくよかな味わいで「女酒」と呼ばれています。 【伏見の酒を美しく呑む】の記事はこちら⇒

水と、酒の、都へ。 伏見 1 Dayトリップ

歴史の街、伏見。 伏見には豊臣秀吉や坂本龍馬が駆け抜けていった、いくつかの歴史の名場面となった舞台が点在しています。豊臣秀吉が伏見に居を構えるために築城した伏見城。築城の際に宇治川や巨椋池などの大規模な治水工事に着手しました。伏見城の外堀としてつくられたのが現在の濠川なのだそうで、 濠川に開かれた伏見港は大阪と京を結ぶ中継点として伏見を発展させるきっかけとなりました。 【伏見 1 Dayトリップ】の記事はこちら⇒

(掲載日:2019年12月5日

編集:とっておきの京都プロジェクト事務局

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Scroll Up