蔵ギャラリー「京都・大原 夢玄庵」

京都・大原の山里、京都バス終点バス停の向かい、地主の佐竹作太郎が明治維新の際、新撰組に追われた勤皇の士、藤村紫朗(後の山梨県・愛媛県知事)を傷が癒えるまでの慶応2年から3年にかけて約8ヵ月にわたって匿ったという逸話が残る蔵で、(160年以上を経過しているにもかかわらず、保存状態が良好で、壁には聚楽壁、三和土土間には京都の土が使用されている)蔵ギャラリー「京都・大原 夢玄庵」をオープンする予定です。
(オンラインショップは6月5日オープン
https://mugenan.shopselect.net/ )

蔵ギャラリー「京都・大原 夢玄庵」では、百姓料理人・橋井勲のブランドChef de fermeの京都産有機コシヒカリ「ひかりの夢」を使用したオーガニック食品や京都・大原 夢玄庵ブランドのお土産品、ハンドメイド作家立花悦子のブランドRIKKAの手作りのアクセサリーをはじめ、その他の作家様の作品を展示・販売致します。

蔵ギャラリー「京都・大原 夢玄庵」やお向かいの「正圓寺」周辺を含めた地域を、静かな大人の新観光スポット「奥大原」をまさに「とっておきの京都」としてオススメします。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/佐竹作太郎
https://ja.wikipedia.org/wiki/藤村紫朗

(掲載日:2020年6月23日 情報提供:百姓料理人 橋井勲

スポット情報

エリア名大原
スポット名蔵ギャラリー「京都・大原 夢玄庵」
所在地京都市左京区大原小出石町50
URLhttps://www.facebook.com/kyotooharamugenan/
Scroll Up