日本ミツバチのハチミツ(和蜂蜜)「和蜂の贅、蜜の滴り」~京都西山・西京/大原野~

京都で日本ミツバチのハチミツが採取さているのをご存じですか。日本ミツバチは古来からの在来種。野生のミツバチして、北海道、沖縄、一部の離島を除き各地に生息しています。ただ、西洋蜜蜂に比べて飼育が難しく、採蜜できる蜂蜜の量も極めて少なくとても貴重。希少価値が高いため「幻のハチミツ」とも呼ばれています。
養蜂をされているのは京都西山で荒廃放置竹林の整備と廃竹材の有効活用で地域の自然環境の保全を目指す「NPO法人京都発・竹・流域環境ネット」です。日本ミツバチの和蜂蜜は「和蜂の贅、蜜の滴り」と名付け販売されています。
和蜂蜜は様々な花の蜜が混ざり「百花蜜」とも呼ばれています。多くの花の蜜がブレンドされ花粉も多く含んでいるため、西洋ミツバチの蜂蜜と比べると濃厚でありながらまろやかで、ほのかな酸味が感じられるのが特徴です。

「和蜂蜜」は
中村(ナカムラ)竹研さんで
販売~春は竹の子の直売も~

販売している場所は、京都西山・小塩山のふもとにある「中村(ナカムラ)竹研」さん。善峯寺へ行くまでの道(善峰道:府道向日善峯線)の途中、京都縦貫道を越えたあたりにあります。元来、竹細工を販売されているお店ですが、3月下旬から5月上旬にかけては京都の春の味覚“京たけのこ”の生産直売をされています。この時期は、和蜂蜜と一緒に竹の子も購入することができます。

上品でまろやかな甘さは
日本ミツバチの蜂蜜ならでは

和蜂蜜「和蜂の贅、蜜の滴り」のお値段は150g入りで1,200円。採蜜量が少ない貴重な日本ミツバチの蜂蜜がこの量でこの値段はお買い得ですね。
ちなみに日本ミツバチは、西洋ミツバチと比べて体が小さく、集めることができるハチミツの量も約半分程度。1匹の日本ミツバチが一生で集める蜜の量は、小さじスプーン約1杯分だそうです。
京都産の和蜂蜜を是非とも味わってください。トーストしたパンにバターと一緒に塗って「ハニーバタートースト」がイチバンのおすすめ。またレモンに漬けて「はちみつレモン」にしたり、ヨーグルトに混ぜて食べるのもいいですね。

スポット情報

エリア名西京
スポット名NPO法人京都発・竹・流域環境ネット/中村(ナカムラ)竹研
所在地京都市西京区大原野小塩町73-1
アクセスJR向日町駅、阪急東向日駅から阪急バス「66番」乗車、「小塩」バス停下車徒歩10分、または阪急バス「63番」乗車、「灰方」バス停下車徒歩15分
営業時間10:00~17:00
定休日不定休
※訪問前に要確認
TEL075-331-4383
または
090-5057-3780

(掲載日:2022年7月4日 情報提供:とっておきの京都プロジェクト事務局

京菓子司 井津美屋 本店「抹茶うば玉(烏羽玉)」~京都西京~

京都市西京区洛西エリア、桂にある和菓子屋さん。お店の場所は国道9号線(山陰街道)と物集女街道の交差する千代原口交差点の北東です。国道9号線に面しているので分かりやすい立地です。 昭和42年創業で、今年で55年目を迎えられ …

京菓子司 井津美屋 本店「抹茶うば玉(烏羽玉)」~京都西京~ もっと読む »

阪急洛西口駅 大原野ならではの駅名板~京都西山(西京)~

洛西口駅の歴史をちょっとご紹介。西京区洛西エリア・大原野の玄関口である阪急京都線・洛西口駅は地域の再開発にあわせて2003年(平成15年)に開業。阪急電鉄では1973年(昭和48年)に千里線山田駅が開業して以来30年ぶり …

阪急洛西口駅 大原野ならではの駅名板~京都西山(西京)~ もっと読む »

松尾大社「風鈴祈願」境内を彩る600個の風鈴~京都西京~

社殿建立の飛鳥時代から更に遡って、太古の昔より地元の方々の生活の守護神として尊崇されている松尾大社(まつのおたいしゃ)。 夏の時期には、神様を慰め、訪れる方々の罪穢れを払うため、境内中に風鈴が飾られます。(風鈴の設置は9 …

松尾大社「風鈴祈願」境内を彩る600個の風鈴~京都西京~ もっと読む »

総本家にしんそば・松葉 本社売店のみ限定販売「鰊棒煮・鰊巻」(京都西京・嵐山)

松葉と言えば「にしんそば」、にしんそばと言えば「松葉」。にしんそば発祥のお店である松葉の本店は、四条川端・南座の隣にあり、多くのガイドブックやメディアで紹介されて有名です。しかしながら、本社工場が西京区の嵐山近くにあるこ …

総本家にしんそば・松葉 本社売店のみ限定販売「鰊棒煮・鰊巻」(京都西京・嵐山) もっと読む »

Scroll Up