醍醐寺・理性院(りしょういん)京都伏見

普段と違うルートで醍醐寺伽藍の拝観の途中に立ち寄らせていただいた知る人ぞ知る醍醐寺の塔頭のひとつ「理性院」。通常、参拝は総門から入山し三宝院、霊宝館、伽藍(仁王門、金堂、五重塔)の流れがポピュラーですが、北門から伽藍へと向かう途中にひっとりと佇んでいます。
醍醐寺の僧・賢覚(けんがく)によって平安時代に開かれました。真言宗醍醐派の別格本山で、三宝院、金剛王院、無量寿院、報恩院と共に「醍醐五門跡」のひとつに数えられていました。また、小野六流のうち醍醐三流(三宝院流、金剛王院流、理性院流)の理性院流の本寺でもあります。本堂と客殿は江戸時代に再建され、本堂には御本尊の太元師明王(たいげんすいみょうおう)がご安置され、客殿の障壁には狩野探幽が10代の頃に描いたとされる障壁画があります。但し、通常非公開の寺院ですので一般拝観はできません。
一般の方が拝観できるのは山門を入った千体地蔵までになります。

圧巻の千体地蔵

山門を入って正面に見えるのが「千体地蔵」。先代のご住職が集められたもので、お地蔵様の制作年代は様々だそうです。なかには猿のお地蔵様の姿も見られます。毎年10月の第3日曜日には「千体地蔵供養」が行われ、新しい真っ赤な涎掛けが奉納されるそうです。これだけのお地蔵さまが並ぶ光景は圧巻です。
非公開寺院ですので、くれぐれも千体地蔵から境内の敷地に立ち入らないようにお気をつけください。

スポット情報

エリア名伏見
スポット名理性院
所在地京都市伏見区醍醐東大路町21
アクセス①地下鉄利用:地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分
②京都駅からバス:京都駅八条口から京阪バス「京都醍醐ライン」に乗車、醍醐寺下車、
③伏見方面より:京阪・JR六地蔵駅から京阪バス22・22A系統乗車、醍醐寺前下車
拝観について本堂・客殿のある境内は通常非公開です
※千体地蔵のみ拝観可能

(掲載日:2022年6月29日 情報提供:とっておきの京都プロジェクト事務局

京都・伏見の新しい大人旅 舟上で愉しむ日本酒ペアリング船

三十石船の舟内で、伏見酒と京都の食を味わう日本酒体験。ゆったり風をうけ、ほっこり伏見時間を楽しんでください。 ◆三十石船とは 秀吉によって整備された城下町の伏見。江戸時代には大阪と京都を結ぶ港となり、酒や米を運ぶ船として …

京都・伏見の新しい大人旅 舟上で愉しむ日本酒ペアリング船 もっと読む »

伏見・宇治川派流ライトアップ実証実験が開催されます

港町伏見の魅力的な夜間景観づくりに向けて宇治川派流の水辺空間や酒蔵などをライトアップします。伏見港は全国唯一の内陸河川港湾として、令和3年4月に国土交通省の「みなとオアシス」に登録されました。「みなとオアシス」登録を契機 …

伏見・宇治川派流ライトアップ実証実験が開催されます もっと読む »

鳥羽街道は「鱧海道(鱧街道)」~魚市場遺跡 魚魂碑(草津湊)~京都伏見

京都の羅城門から鳥羽を経由し淀までの道はかつて「鳥羽街道」と呼ばれており、淀からは「京街道」として、平安遷都から明治時代まで京と大坂を結ぶ重要な街道でした。桂川と鴨川との合流地点の横大路には、かつて草津湊(くさつみなと) …

鳥羽街道は「鱧海道(鱧街道)」~魚市場遺跡 魚魂碑(草津湊)~京都伏見 もっと読む »

「私が見つけた春の絶景~きょうと2022~」Instagramキャンペーン 受賞作品が決定

京都市観光協会と京都府観光連盟では「私が見つけた春の絶景~きょうと2022~」をテーマとしたInstagramキャンペーンを実施しました。(応募期間:令和4年3月15日~5月15日)Withコロナにおいて外出や旅行の制限 …

「私が見つけた春の絶景~きょうと2022~」Instagramキャンペーン 受賞作品が決定 もっと読む »

藤森神社の紫陽花(あじさい)~京都伏見・深草~

藤森(ふじのもり)神社は平安遷都以前より祀られている古社で菖蒲の節句発祥の神社、勝運と馬の神様としても知られています。その創建は約1800年前以上前、神功皇后が新羅より凱旋の後にこの地を聖地とし、軍中の大旗を立て、兵具を …

藤森神社の紫陽花(あじさい)~京都伏見・深草~ もっと読む »

Scroll Up