マイナスイオンたっぷりの京都・三尾(高雄・槇尾・栂尾)でウォーキング

10:50 JR花園駅から「高雄もみぢ家」の無料送迎バスで出発

JR花園駅

JR嵯峨野線山陰本線花園駅前から、「高雄もみぢ家」の無料送迎バスが運行されています。

高雄もみぢ家の無料送迎バス

27人乗りで事前予約が必要なので、利用される場合は、イベント申込み時に、「送迎有」と伝えておきましょー!JR花園駅から、「高雄もみぢ家」の無料送迎バスに乗って、高雄までは約25分!

11:20 イベントの受付場所は「高雄もみぢ家別館」

高雄もみぢ家別館

清滝川に沿って作られた、夏の京都の風物詩「川床」の涼しげな風景が見えてきます。

吊り橋を渡って別館へ。人が通ると揺れるので、ちょっとしたスリルも味わえます。

三尾探訪
三尾探訪パンフレット

高雄もみぢ家別館で料金を支払ってから、クーポン付MAPを受け取ります。

クーポンMAPは、再発行してもらえないので、失くさないように要注意です。

11:30 まずは「川床料理」の昼食

川床料理
川床

クーポン券を渡して「川床料理」をいただきました。

清滝川でとれたアユの塩焼きや、上品な味付けの八寸など、見た目も京都らしいお料理です。

京の夏の風物詩「川床」でいただくお料理は、風情があって格別です!

スポット情報

ルートマップ上スポットA
スポット名高雄もみぢ家
所在地京都市右京区梅ヶ畑高雄
TEL075-871-1005
URLhttps://www.momijiya.jp/

12:20 約400段の階段を登って「高雄山神護寺」へ

高雄山神護寺参道

「川床料理」の昼食を堪能した後は、いよいよ自分のペースでウォーキングスタート!

今回は、高雄もみぢ家 別館川の庵から参道入口まで徒歩約5分のところにある、「高雄山神護寺」から回りました。

本堂までの参道

本堂までの参道は、ひたすら階段が続きます。約400段・・・ですが、段差が低いので、木陰で休憩しながらゆっくり歩いて登りました。参道入口から山門までは、約15分ぐらいです。

12:35 「高雄山神護寺」山門到着

神護寺
仁王像

重厚感のある「楼門」の両脇には、仁王像が睨みを利かせています。

山門の左側にある拝観受付で、クーポン付MAP「神護寺拝観」を渡すと中に入れます。

国宝「薬師如来立像」がご本尊となる「金堂」です。

仏教界の2大スター、最澄と空海が同時期に修行をしたことでも有名なお寺です。

本堂の右手には「弘法も筆の誤り」ということわざの由来となった、弘法大師空海がしたためたとされる「灌頂暦名(かんじょうれきみょう)」のレプリカが展示されています。

他にも、十二神将や四天王、「伝 源頼朝肖像」(複製)などを間近で見ることができます。

ご本堂内は撮影不可なので、自分の目で見に行くしかないですね!

御朱印

しっかり御朱印も授かりました。ご本堂を拝観している間に書いてくださいます。

お薬師様の御朱印をいただいて、令和の時代も病気知らずです!

境内では「かわらけ投げ」も体験できます。実は、神護寺は「かわらけ投げ発祥の地」だそうです。

時間があれば、どれだけ長く遠くへ飛ばせるか、チャレンジしてみてはいかがですか。

スポット情報

ルートマップ上スポットB
スポット名高雄山神護寺
所在地京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
拝観時間9:00~16:00
問合せTEL075-861-1769
URLhttp://www.jingoji.or.jp/

13:50 東海自然歩道を進み、指月橋を渡って「槇尾山西明寺」へ

東海自然歩道
指月橋

西明寺へは、東海自然歩道を進み、青もみじに映える朱色の「指月橋」を渡ります。

またまた階段が見えてきましたが、今度は約70段ぐらいだったのでホッとしました。

西明寺山門
御朱印

神護寺の山門から西明寺の山門までは、片道約25分かかります。ウォーキングコースは、ほとんど木陰ですが、熱中症対策は準備万全に!今回のイベントでは、西明寺のみ別途拝観料が必要です(大人500円)。でも、拝観された方には記念品の進呈がありますよ。

スポット情報

ルートマップ上スポットC
スポット名槇尾山西明寺
所在地京都市右京区梅ヶ畑槇尾町1
拝観時間9:00~17:00
TEL075-861-1770
URLhttps://www.saimyoji.or.jp/

14:15「指月亭」でひと休み

指月亭
冷やしあめとアイスコーヒー

西明寺参拝後は、「指月亭」でひと休み。冷やしあめやアイスコーヒーを頂けます。

クーポン付MAPに付いている「喫茶」クーポンで利用できます。

スポット情報

ルートマップ上 スポットD
スポット名 指月亭
所在地 京都市右京区梅ケ畑殿畑町14
拝観時間 10:00~17:00
TEL 075-861-1801

14:40 「栂尾山高山寺」山門到着

栂尾山高山寺山門

西明寺の山門から高山寺の山門までは、徒歩約10分で到着。

高山寺の見どころは、何といっても有名な「鳥獣人物戯画」(複製)。撮影禁止のため、写真でご紹介できませんが、ウサギとカエルが描かれた、漫画の原型と言われる紙本墨画の絵巻物です。

三尾探訪参拝記念品

売店では「鳥獣人物戯画」をモチーフにした御朱印帳なども販売されています。

また、京都「三尾探訪」参加者特典として、参拝記念品もいただけます。

スポット情報

ルートマップ上スポットE
スポット名栂尾山高山寺
所在地京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
拝観時間8:30~17:00
TEL075-861-4204
URLhttps://kosanji.com/

15:30 「高雄もみぢ家本館」からJR花園駅まで無料送迎バス

帰りも、「高雄もみぢ家本館」からJR花園駅までの無料送迎バスを利用しました。

15:30発で、少し慌ただしいため、夕方までゆっくりウォーキングを楽しみたい方は、高雄からJR京都駅まで運行されている、JRバスの路線バスをご利用されるといいかも知れません。

今回は、三尾名刹とあわせて、「川床料理」を紹介しました。普段、健康のためにウォーキングを趣味にしている皆さん!この夏は、いつものお散歩コースから少し気分を変えて、小旅行気分で「三尾ウォーキング」を楽しんでみてはいかがですか?

(掲載日:2019年7月10日 取材:とっておきの京都プロジェクト事務局

お問合せ先

お問合せ先 京都市観光協会
所在地 京都市中京区河原町通三条上ル恵美須町427番地 京都朝日会館1階
TEL 075-213-1717
URL https://ja.kyoto.travel/specialopening/summer/2019/campaignevent/single.php?season_event_id=67

ルートマップ

 京の夏の旅 マイナスイオンたっぷりの京都・三尾(高雄・槇尾・栂尾)でウォーキング」の記事中のスポットA~Eはルートマップ上のスポットA~Eとなります。
スポットA高雄もみぢ家
スポットB高雄山神護寺
スポットC槇尾山西明寺
スポットD指月亭
スポットE栂尾山高山寺

【とっておきの京都】新緑が眩しい“高雄”を満喫する過ごし方8選!

最近は、紅葉の赤もみじより、新緑の青もみじが人気なのをご存知ですか? 京都市の北部には、大自然に囲まれた“穴場の青もみじ”名所がいっぱい♪ まだまだ知られていない、京都の青もみじスポットと、期間限定で開催されるイベントを …

【とっておきの京都】新緑が眩しい“高雄”を満喫する過ごし方8選! もっと読む »

【高雄③】春こそ訪れたい自然あふれる高雄の山里

京都市内の北西部に位置する、山あいの観光地「高雄エリア」。 山あいというと、少し遠いような感じも受けますが、京都駅から1時間以内でアクセスできます。 北山杉の美しい林を背景に、もみじ、桜、ツヅジなど自然があふれる山里の町 …

【高雄③】春こそ訪れたい自然あふれる高雄の山里 もっと読む »

【高雄②】朝活にピッタリ!コーヒー片手にお花見ドライブ

観光シーズンになると大勢の観光客が押し寄せ、混雑する嵐山。ですが美しい時期に訪れたいと思うのはみな同じです。ならば少し工夫して、効率よくゆったり巡ってみませんか?早朝見学や、自然豊かでゆったりできるスポットをご紹介します …

【高雄②】朝活にピッタリ!コーヒー片手にお花見ドライブ もっと読む »

【高雄①】鳥獣人物戯画誕生の地・三尾の里

市内の北西部に位置する高雄エリア。 高雄(尾)山の神護寺、槇尾山の西明寺、栂尾山の高山寺の3つの「尾」があることから、「三尾」とも呼ばれています。日本最古の漫画と言われる、「鳥獣人物戯画」が生まれた里としても知られていま …

【高雄①】鳥獣人物戯画誕生の地・三尾の里 もっと読む »

京都・三尾探訪ウォーキング〈高雄・槇尾・栂尾〉

青モミジの海をわたる気分。 三尾で緑陰ウォーキング。 高雄(高尾・たかお)、槇尾(まきのお)、栂尾(とがのお)。京都市の北西部、愛宕山に連なるこのエリアはあわせて「三尾(さんび)」と呼ばれ、古くから京都を代表する紅葉の名 …

京都・三尾探訪ウォーキング〈高雄・槇尾・栂尾〉 もっと読む »

“かわらけ投げ”体験で疫病退散 弘法大志ゆかりの高雄山神護寺

京都は東、北、西の三方を山に囲まれています。そこからは川が流れ下り、やがて“山紫水明”と呼び称される美しい景観をつくりだしました。山並みから頭ひとつ抜け出る比叡山を北東に望むように、北西にあるのが愛宕山。 比叡山と同じよ …

“かわらけ投げ”体験で疫病退散 弘法大志ゆかりの高雄山神護寺 もっと読む »

Scroll Up