世界遺産を彩る美しき桜たち

世界文化遺産 醍醐寺
真言宗醍醐派總本山 醍醐寺。様々な種類の桜を楽しむことができるお花見スポットです。
地下鉄東西線の「醍醐」駅から徒歩15分。JR京都駅から山科駅、もしくは奈良線で六地蔵から乗り換えができます。
また、本数に限りはありますが、京都駅、JR山科駅、JR六地蔵駅からバスもでています。醍醐寺の目の前まで行ってくれるので、オススメです。
境内や周辺に駐車場はありますが、シーズン中は混み合うのでぜひ公共交通機関で。
国宝の五重塔と枝垂桜の共演は必見の美しさです!

三宝院の土牛の桜
かの豊臣秀吉も愛したといわれる、醍醐寺の桜。
三宝院の庭園は、慶長3年(1598)、豊臣秀吉自ら基本設計をした庭です。
桜だけでなく、桃山時代の華やかなお庭もぜひご覧ください。
境内はとても広く、すべてをゆっくりまわると半日くらいかかります。
時間には余裕をもって、たっぷりと堪能してください。

霊宝館の巨大な枝垂桜
醍醐寺の見どころは、桜の種類の豊富さ。
シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど、約1000本に及ぶ桜が咲き誇ります。
花の醍醐とも呼ばれ、京都の「さくら名所100選」にも選出されています。

桜の並木道
拝観料は1500円と少し高めの設定ですが、敷地もかなり広く見応えは十分。
一度は訪れてほしい、世界遺産の醍醐寺。秀吉が愛したとも言われる桜、ぜひともご覧ください。

お花見も後はお食事を

雨月茶屋

境内にもお食事処の「雨月茶屋」があります。
京野菜をふんだんに使たお弁当や、麺類、和菓子などもいただけます。
ただ、桜の時期は、大変混み合いますので、どうしても雨月茶屋で食べたいという方は、待ち時間は覚悟してくださいね。

雨月茶屋の売店近くには、椅子も用意もしてあり、和菓子屋さんの出店もでており、気軽にお花見気分を味わうことができます。

秀吉珈琲

醍醐寺の門前のある、秀吉珈琲では、美味しいコーヒーと、サンドイッチなどの軽食がいただけます。
醍醐寺が所有していた約100年の歴史をもつ建物をリノベーションした、ちょっと変わったカフェです。
秀吉をモチーフにしたかわいいイラストのコーヒーカップもポイントです。
店内にはフォトポイントも多数、ぜひカップ片手に写真をどうぞ!

人気メニューはこちらの、特製サンドイッチとコーヒーのセットです。
ボリューム満点で、食べ応えも満点。
ランチメニューには、サンドイッチ以外にもうどんやカレーもあり。
名物のわらび餅やフルーツパフェもあり、カフェ使いもOKです。

もちろん、コーヒーはテイクアウトも可能。
かわいいカップをもって、バスの待ち時間や醍醐駅まで歩くのもよし。
醍醐寺前という至便の立地、ぜひ寄ってみてください。

肉の醍醐

続いて、醍醐駅から徒歩5分ほど、人気の焼肉店「肉の醍醐」もご紹介。
近江牛に並々ならぬこだわりをもった地域の方に愛される、精肉店であり、焼肉店です。
日本三大銘柄牛の近江牛をお手頃価格でいただけます。

数量限定のまかない定食や赤身ロース定食なども人気ですが、
オススメなのが、この近江牛カルビ定食。
近江牛のカルビが100グラム、サラダ、スープ、キムチ、ごはんがついて980円。
さらにごはんはおかわり無料です!

ジュージューと焼いていきます!
脂が熱でとけ、まわりには食欲を誘ういい香りが広がります。
柔らかい近江牛のジューシーさと甘味を堪能してください。
タレにつけ、ごはんと一緒に食べれば至福のときです。

醍醐寺周辺は、比較的飲食店が少なめ。
困ったときは、醍醐駅に結のアルプラザ、パセオ・ダイゴローがあるので、そちらに寄ってみるのもいいかも。
山科エリアの観光スポットも近いので、一緒にまわられるのもいいですよ!

(掲載日2019年3月29日 情報提供:Kyotopi

スポット情報

エリア 伏見
スポット名 醍醐寺
所在地 京都市伏見区醍醐東大路町22
URL https://www.daigoji.or.jp/