熟練の陶工が見せる、巧みなロクロ回し

清水焼団地で職人が丹念に作陶

京都における焼き物の歴史は1200年余り前に遡ります。桃山時代には茶の湯の発展とともに様々な器が焼かれるようになり、江戸時代には野々村仁清をはじめとする名工の出現によって、京焼・清水焼はひとつの頂点を迎えたと言われています。茶人や公家、大名などに献上するために陶工は各々しのぎを削り、高級志向で装飾性の高い、多様な焼き物が生み出されました。
昭和に入り、清水坂界隈の都市化により作陶が困難になるなか、新天地を求める有志が集まり工房と住宅を併せた工業団地として誕生したのが、山科にある清水焼団地です。ここに構える窯元の一つが、約130年の歴史を持つ[雲楽窯]。独自に開発した釉薬「青抹陶」が生み出すやわらかな地色が味わい深く、他にない作風として評価されています。

本物の技術と道具を体験する

[雲楽窯]では実際に職人が作業する工房を会場として、ロクロ体験、手びねり体験、絵付け体験の3コースを実施しています。どのコースでも体験の初めにロクロを使った一連の制作工程を見学することができます。均一な大きさ、厚さに仕上げるのは、熟練した職人だけのなせる技。特に高度な技術を必要とする急須の制作工程を見られるのは希少な経験ですね。
ロクロ体験であれば、所要時間は約2時間。定員は2~4名。中学生以上であれば体験できます。ロクロ師がサポートに付き、茶碗や皿など好みの品3点を成形。これにオリジナルの釉薬「青抹陶」をかけて焼成してくれます。体験のための設備や材料ではなく、職人が実際に使用する本物を知れるのも魅力です。

陶芸体験を通して清水焼を身近に

1970年に工房公開をスタート。2016年にかねてから要望の高かった体験教室を開始しました。
「土を触る楽しさを知って欲しい」とは、三代目 齊藤雲楽さん。「自分で作った焼き物を見て、後々、京都のこと清水焼のことを思い出してくえたらうれしいですね」
京都の伝統工芸である清水焼。[雲楽窯]の店舗には清水焼の伝統と文化を伝える1000万円の作品から、日常遣いの1000円の商品まで、幅広い価格帯と用途の品が並び、清水焼の多様性を伝えています。
まずは体験教室で自分が作った品を、清水焼に触れる入口にするのもいいのではないでしょうか。

(掲載日:2018年12月10日 取材:ライター平田詠子

店舗情報

エリア 山科
店舗名 雲楽窯
所在地 京都市山科区川田清水焼団地町9-2
TEL 075-591-1506
営業時間 9:00~17:00
定休日 無休
駐車場
体験予約 1週間前までに要予約
URL http://unrakugama.com/
Scroll Up