現代に受け継がれる十二単

平安装束を身にまとい「源氏物語」の世界を味わう

平安時代、貴族の女性たちが正装として着装した十二単(ひとえ)。 何枚も着重ねた「重ね」と呼ばれた装束の配色で、季節の移ろいを表現していました。
平安時代の女性にとって十二単の着こなしは自らの知性や教養を表現するもの。平安時代の京都では、女性たちが「重ね」のセンスを競い合ったといいます。
十二単を始めとする平安装束は現在でも皇族が儀式の際に身に着けるなど、その伝統は受け継がれています。
京都・伏見深草の「十二単 記念撮影館 雪月花苑」では、その本物の平安装束を身にまとい「源氏物語」の世界を味わうことができます。
身に着けると、平安装束は重く動きづらいもの。しかしそれを体験することで、「源氏物語」の世界の文化や風習を、まるでその時代に生きているかのように実感できます。
平安時代、高貴な位の女性が、実際に目にしなくても、几帳(きちょう)の向こうに装束のきぬ擦れの音だけで愛しい人の存在を感じていたように。
成人式や、卒業記念、婚礼記念、結婚〇周年など大切な記念日に特別な思い出作りに十二単をまとってみてはいかがでしょうか

(掲載日2018年12月3日 情報提供:福呂一榮

店舗情報

エリア 伏見
店名 雪月花苑
所在地 京都市伏見区深草西浦町2丁目123−3
URL http://www.iyasaka-kyoto.co.jp

日本酒と紅葉を風流に楽しむ伏見エリア

柔らかな水に恵まれかつては伏水とも言われた、日本酒の蔵が立ち並ぶ伏見エリアの美しい紅葉スポットをご紹介します!新しいグルメスポットもぞくぞく登場していますよ〜 十石舟周辺 酒蔵と水辺が美しいコースを船にのって巡る「十石舟 …

日本酒と紅葉を風流に楽しむ伏見エリア もっと読む »

【とっておきの京都】3つの密を避ける“穴場”の紅葉スポット9選!!2020秋

秋の紅葉シーズンが到来!一部有名観光エリアでは混雑するところもありますが、京都には紅葉の名所がいっぱい。 せっかく京都を訪れたのだから、ゆったりと紅葉も愛でるのも京都通の楽しみ方の一つです。今回は、少し中心部から離れた知 …

【とっておきの京都】3つの密を避ける“穴場”の紅葉スポット9選!!2020秋 もっと読む »

【城南宮】日本書紀1300年記念御朱印

城南宮で日本書紀1300年記念の御朱印! 方除の大社「城南宮」で、日本書紀の完成1300年を記念した御朱印が作られました。日本書紀に登場する御祭神で、医療にも御神徳がある八千矛神(やちほこのかみ)を描き、新型コロナウイル …

【城南宮】日本書紀1300年記念御朱印 もっと読む »

大ヒット映画の舞台になった、あのお花見スポットも!

評判の飲食店も増え、京都の一大観光地へと進化しつつある「伏見」には、伏見桃山城、最古の塔、十石舟、酒蔵、であい橋など、桜との数々の共演が見られるお花見スポットが盛り沢山! ぜひ自分だけの共演ポイントを探してみてください。 …

大ヒット映画の舞台になった、あのお花見スポットも! もっと読む »

Scroll Up