藤森神社のあじさい 2023年の紫陽花苑公開と紫陽花祭(6月15日)~京都伏見・深草~

伏見・深草の地に鎮座する藤森(ふじのもり)神社は平安遷都以前より祀られている古社で菖蒲の節句発祥の神社、勝運と馬の神様としても知られています。その創建は約1800年前以上前、神功皇后が新羅より凱旋の後にこの地を聖地とし、軍中の大旗を立て、兵具を納め、塚を造たのが起こりとされています。
洛南エリアきっての紫陽花(あじさい)の名所として知られており、境内には参道西側の第一紫陽花苑、本殿北側の第二紫陽花苑と2か所の紫陽花苑があり、青・赤・紫・白と色とりどりのあじさいの花、約3,500株が参拝者の目を楽しませてくれます。第一紫陽花苑は藤棚や花菖蒲が咲く水辺を新たに設置し、あわせてバリアフリー化の整備を行ないました。庭苑の名称も「藤勝苑」(とうしょうえん)と新たに名付けられ、紫陽花、藤の花、花菖蒲を観賞できる庭へと生まれ変わりました。
2023年も6月3日(土)から約1ヶ月間、紫陽花苑が公開されます。紫陽花苑の公開期間中、6月15日(木)は紫陽花祭が斎行。他の日にも神事や雅楽・舞楽、蹴鞠、藤森太鼓の奉納をはじめ様々な行事がおこなわれます。

<紫陽花まつり期間中の行事予定>
・6月3日 (土)・ 4日(日) 10:00~16:00 運勢鑑定会
・6月10日 (土)14:30 居合道奉納(京都居合道会)
・6月15日 (木)10:00 紫陽花祭斎行
・6月18日 (日)10:30    雅春 ( 藤森雅楽会)、13:00  蹴鞠 (けまり) 奉納 (京都蹴鞠保存会)、14:00 藤森太鼓奉納 (藤森太鼓保存会)
・6月24日 (土)13:00    筑前琵琶 太鼓奉納 (筑前琵琶京都雅会)、15:00 相撲甚句奉納(けはや相撲甚句会)
・6月25日 (日)9:00~16:00頃まで 手作り市 
・6月30日 (金)15:00   水無月大祓式行
※諸事情により日時等の変更、中止になる場合がございます。予めご了承ください。

紫陽花の花手水で身も心も清めます

アジサイの時期には、手水舎(ちょうずや、てみずや)もアジサイ仕様の花手水(はなちょうず、はなてみず)に。参拝前にはまずは手や口を漱ぎ清めましょう。アジサイの花の美しさに心も清められます。

天皇より下賜された
由緒正しいご本殿に参拝

本殿は江戸時代・正徳2年(1712年)に中御門天皇より下賜された宮中賢所(内侍所)を移したものです。現存する賢所としては最も古く、中央・東殿・西殿の三座から構成されており、国の重要文化財に指定されています。
御祭神は本殿中央(中座)に素盞鳴命、別雷命、日本武尊、応神天皇、仁徳天皇、神功皇后、武内宿禰の七柱。本殿東殿(東座)に舎人親王、天武天皇の二柱。本殿西殿(西座)に早良親王、伊豫親王、井上内親王の三柱がお祀りされています。

藤森神社の第一紫陽花苑(藤勝苑)

参道西側にある第一紫陽花苑は今年から「藤勝苑」と名付けられました。開苑時は受付にて入苑初穂料として500円を納めると、護符が授与れますのでそれが入苑券代わりになります。第二紫陽花苑では入口で提示すればそのまま入苑できます。第一紫陽花苑には藤棚や花菖蒲の咲く水辺の空間が設置され、同時にバリアフリー対策も実施されました。通路の拡大や舗装、アップダウンの軽減化を少なくし、雨の日もぬかるむことがなく快適にあじさいの花の観賞が楽しめます。身体が不自由な方の移動にも配慮されています。藤棚の設置も完了しており、2026年(令和8年)以降のには社名の藤森神社の名前通りに藤の花、さらに花菖蒲も愛でることができます。
※藤の花(4月中旬~5月上旬)、花菖蒲(6月)・紫陽花(6月~7月初旬)は開花時期が異なり同じ時期に観賞できませんのでご注意ください。
【令和5年の開宛情報】
◆時期:2023年6月3日(土)から約1ヶ月間の予定
※開花状況により変更されることがありますのでご注意ください
◆時間:9:00~17:00
◆入苑初穂料:500円(30名以上の団体は450円)
◆お願い:入苑に際してはマスク着用いただき、他の人との距離を約2m程度お取りください
※期間中限定の紫陽花の御朱印(2種類/青色・赤色)が参集殿北側の授与所にて授与されています。限定枚数の授与となり、無くなり次第終了です。初穂料は2種類ともに300円です。

あじさいの花に囲まれた
東屋でひと息

散策路の途中には、紫陽花苑が見渡せる東屋があります。360度、色とりどりのあじさいに囲まれており、あじさいの花を眺めながら、ちょっと一息するのにぴったりの場所です。

藤森神社の第二紫陽花苑

本殿北側にある第二紫陽花苑。入口は本殿に向かって右側にあります。入苑すると、まず目に入るのがあざやかな朱塗りの橋。橋の上からは360度のアジサイの花が見渡せることができる絶好の「映え」スポットです。散策路は本殿裏側にずっと続いていて、出口は本殿の左側奥になります。紫陽花観賞後は、摂社の天満社・大将軍社・七宮社・祖霊社・八幡宮社前を通り入口に戻れます。

名水の地・伏見ならではの神水
~不二の水~

本殿東側に湧き出る神水「不二の水」です。説明板にもあるように“二つとないおいしい水”という意味で、武運長久・学問向上、特に勝運を授ける水として信仰されています。藤森神社のある伏見はかつて「伏水」とも記され、日本酒の仕込みにも適した良質の地下水に恵まれた名水の地でもあります。
飲用として、容器に入れて持ち帰る方も後が絶えません。ご神水をいただく時は維持管理のためにも、ご志納をお忘れなく。

競馬関係者やファンの聖地「勝運の神様」

毎年5月5日に行われる藤森祭は菖蒲の節句発祥の祭と伝えられ、端午の節句に武者人形を飾る風習の発祥の地とされています。菖蒲は尚武に通じ、尚武は勝負に通じることから、勝運を呼ぶ神として信仰を集めています。
また、藤森祭に奉納される駈馬神事が馬の神事であることから馬の神としても信仰が厚く、毎年11月には駪駪祭(しんしんさい)が行われ多くの馬主、騎手、競馬ファンが参拝に訪れます。絵馬舎には競馬ファンなら誰もが知っている名馬の絵馬も奉納されています。

スポット情報

エリア名伏見
スポット名藤森神社
所在地京都市伏見区深草鳥居崎町609
アクセスJR奈良線藤森駅下車徒歩約5分、京阪本線墨染駅下車徒歩約7分、藤森駅徒歩約8分
拝観料境内自由(宝物殿無料公開)
※紫陽花苑は初穂料500円が必要(9:00~17:00)
TEL075-641-104
お申し込みhttp://www.fujinomorijinjya.or.jp

(掲載日:2023年5月23日 情報提供:とっておきの京都プロジェクト事務局

サーモンnoodle京都 伏見稲荷店本店~フレンチ✕サーモン✕ラーメンの融合(伏見深草)

伏見稲荷大社の最寄駅・JR稲荷駅前の大和街道沿いに、サーモンを用いたフレンチ感覚のラーメン店「サーモンnoodle京都 」2024年1月10日にオープン。 本店の「サーモンnoodle3.0」は、東京都新宿区の神楽坂にあ …

サーモンnoodle京都 伏見稲荷店本店~フレンチ✕サーモン✕ラーメンの融合(伏見深草) もっと読む »

伏見わっか朝市~新鮮野菜と鮮魚に出会える♪毎週土曜日開催~(伏見深草)

ふり塩だけでも美味しい!体にやさしい新鮮野菜とお魚に出会える朝市!人の輪が広がる「伏見わっか朝市」 京都市の近隣で育てられ、収穫された無農薬の“新鮮な有機野菜”と、丹後・伊根で水揚げされ直送された日本海の“活きのいい魚” …

伏見わっか朝市~新鮮野菜と鮮魚に出会える♪毎週土曜日開催~(伏見深草) もっと読む »

麺心よし田~国内産小麦の全粒粉の自家製麺「つけ麺」~(伏見桃山)

麺心よし田は、伏見で「つけ麺の美味しいお店はどこ?」の問いの答えに必ずその名が挙げられる名店。 最近のつけ麺には珍しく、国内産小麦を用いた細麺を使用しているのが特長。 定番の「鶏魚介つけ麺」や、看板メニューの濃厚な洋風エ …

麺心よし田~国内産小麦の全粒粉の自家製麺「つけ麺」~(伏見桃山) もっと読む »

ラーメン銀閣 伏見ラーメン界のレジェンド的老舗店(伏見下鳥羽)

ラーメン銀閣を語らずに伏見のラーメンを語ることができない、伏見の老舗ラーメン店。創業は昭和49年(1974年)、濃厚豚骨鶏ガラのスープは、ラーメンブームという言葉が存在しなかった50年前から、地元伏見の人々だけではなく京 …

ラーメン銀閣 伏見ラーメン界のレジェンド的老舗店(伏見下鳥羽) もっと読む »

新福菜館 伏見店“本店には無い”オリジナルメニュー&定食がいっぱい(伏見深草)

京都を代表するラーメン店のひとつと言えば「新福菜館」。昭和13年(1938年)に屋台で創業の京都屈指の老舗ラーメン店。京都駅の近く、通称“たかばし”に本店を構える行列の絶えない有名店で、その暖簾分けが「新福菜館 伏見店」 …

新福菜館 伏見店“本店には無い”オリジナルメニュー&定食がいっぱい(伏見深草) もっと読む »

ラーメン萬福 伏見下鳥羽本店 「厚切り&薄切り」チャーシューが選べるアキラ系ラーメン

ラーメン萬福は京都ラーメンのクラシックスタイルを踏襲する豚骨醤油系が看板のラーメン店。 元々の本店は伏見深草西浦町にありましたが、現在は閉店し伏見下鳥羽店が本店となっています。ラーメン萬福の特徴は、チャーシューの種類が厚 …

ラーメン萬福 伏見下鳥羽本店 「厚切り&薄切り」チャーシューが選べるアキラ系ラーメン もっと読む »