E-BIKE で行く 伏見・SNS 映えスポットめぐりサイクリングツアー

※現在イベントは終了しております

ニューノーマルな時代の旅行に欠かせない、自転車。それも、スポーツバイクに電動アシスト機能を搭載した「E-BIKE」をレンタルすれば、アップダウンの多い道やロングライドも快適に楽しむことができます。
自転車専門店「サイクルベースあさひ」では、最新のE-BIKE をレンタルして出かける「伏見・SNS 映えスポットめぐりサイクリングツアー」を開催中。今回は、このツアーの体験レポートをご紹介します!

ツアーガイド

ツアーガイドの、サイクルベースあさひ ツアー企画担当の 谷口達誉さん。
E-BIKE 体験型店舗のサイクルベースあさひ洛西店で店長を長く務め、E-BIKE に精通したプロフェッショナル。ガイドマイスターの資格を持ち、多彩
なE-BIKE ツアーを企画。自らガイドも務める。

今話題のE-BIKE の性能とは?
乗り方を習って、出発!

伏見コースの出発地は「サイクルベースあさひ九条店」。京都駅からひと駅の地下鉄九条駅近くにあり、遠方からのアクセスも便利なお店です。

この日のガイドの谷口達誉さんによれば、E-BIKE と一言でいっても本格派のクロスバイクやマウンテンバイクから、小回りの効くミニベロ(小径車)、ママチャリタイプまで多彩な種類があるとか。従来の電動アシスト自転車とは、モーターが内蔵される場所もアシスト方法も異なり、ボディもスマートでコンパクトです。

まずは、谷口さんから自分に合うE-BIKE を選んでもらい、操作方法や乗り方のレクチャーを受けます。お 店の敷地内で練習運転をしたら、いざ出発です。

まずは軽めの足慣らし。
2km 先の伏見稲荷大社へ

九条店から伏見桃山までは約6.5km。まずはE-BIKE の運転に慣れるため、2km 先の「伏見稲荷大社」を目指します。
実際に乗ってみて感じるのは、漕ぎ出しのスムーズさば ペダルの踏み込みがダイレクトに推進力に繋がるため、力強く、キビキビとしたアシスト力を感じることができます。スイスイ〜と運転すうちに、 “お稲荷さん”の愛称で親しまれる伏見稲荷大社に到着し、駐輪場へ。
「こちらは、全国に約3 万社ある稲荷神社の総本宮。平安京よりも古い1300 年の歴史があります」と谷口さん。広大な稲荷山に境内が広がるので、自然もいっぱい。朱塗りの楼門、無数の鳥居が立ち並ぶ「千本鳥居」も艶やかでした。

歴史ある酒蔵が並ぶ
ノスタルジックな街へ

お稲荷さん参拝の後は、再びE-BIKE に乗り、今回の目的地「伏見桃山」を目指します。谷口さんのおすすめルートを通って約5 キロ、25 分のサイクリングです。信号が多く、ストップアンドゴーが多くなりますが、E-BIKE は常にスムーズに再加速できるので苦になりません。

「伏見桃山は、17 世紀後半に豊臣秀吉が開いた城下町。豊富な伏流水に恵まれ、日本有数の酒どころにもなりました。2km 四方の距離に、20 軒以上の日本酒の蔵元があるんですよ」と谷口さん。中には、江戸・明治期から続く蔵元もあるとか。酒蔵にも風情があり、白の漆喰壁に焼杉板などがその特徴。ノスタルジックな街並みに、E-BIKE のハイテクなデザインが映えます。

伏見の蔵元には、小売店を併設したり、酒づくりの工程を見学できる場所も。
今回はそのひとつである、「月桂冠大倉記念館」を訪ねました。創業380 年、伏見で一番歴史がある月桂冠が営む”日本酒のいろは”が学べるミュージアムです。古い酒造りの道具も展示されていて、興味津々。
※サイクリングスパイクを履いて来られた場合、床が傷つく可能性があるため、展示室へはご入館いただけません。

普段はお猪口が貰えてきき酒が出来るそうですが、今回は自転車だったので、利き酒の代わりにお酒(向 かって左側)が貰えて皆大喜びでした。

午後は、運河沿いを
のんびりポタリング

午後は、かつての伏見城の外堀で、物資や旅客を運ぶ運河でもあった「濠川」沿いへ。
小さな運河沿いに酒蔵が立ち並び、春は桜並木が、初夏から夏は柳が彩り、風情満点。「内陸に位置する伏見ですが、大阪と京都を川でつなぐ中継地として、かつては水運業で栄えていたんですよ」と谷口さん。時折、観光船の小舟が行き交う様子も絵になります。

濠川沿いには、思わず自転車を停めて散策したくなる風景もたくさん。川沿いに遊歩道を設けた「伏見みなと公園」、三方向からかかるY 字の橋がユニークな「伏見であい橋」など。「どちらもガイドブックには載らない、地元ならではのスポット。であい橋は映画のロケ地にもなりました」(谷口さん)。

水辺の風景に心癒されたところで、そろそろ帰りの時間。帰りは、約7km を一気に北上して戻ります。復路は直線の道が多いので、心地よい加速ができ走りごたえも抜群ば酒蔵が建ち並ぶ風景は、どこを切り取ってもまるで絵葉書から飛び出してきたような美しい景色でした。

京都駅から少し遠くへ足を伸ばすだけで、市内中心部とはひと味違った、SNS 映えするレトロな風景に出会うことができた今回のトリップ。合計約15km ほどのショートライドなので、E-BIKE 初心者や体力に自信がない方にもおすすめですよ。

\記事のプランを体験できます/

今回紹介したプランを体験したい方は、下記より事前にご予約いただけます。
※一部変更または季節により一時中止となる場合があります。

※現在イベントは終了しております

(掲載日:2021年3月17日 取材:ENJOY KYOTO

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

京都 伏見神聖酒蔵 鳥せい本店「とりラーメン」蔵元直営の鶏料理専門店

伏見 鳥せい本店は、江戸時代・延宝5年(1677年)創業の老舗蔵元「山本本家」直営の鶏料理専門店。 お店はかつての酒蔵を改装した風情溢れる佇まい。地元の方はもとより、観光客にもその名が知られ、週末のランチタイムは行列必至 …

京都 伏見神聖酒蔵 鳥せい本店「とりラーメン」蔵元直営の鶏料理専門店 もっと読む »

中華そば専門店 珍遊 大手筋店「中華そば全部のせ」(伏見桃山)

中華そば専門店「珍遊(ちんゆう)」は京都のラーメン激戦区・一乗寺ラーメン街道に本店を構える昭和25年(1950年)創業の鶏白湯背脂系京都ラーメンの源流の店。中華そば ますたに北白川本店と双璧をなす、いわゆる“背脂チャッチ …

中華そば専門店 珍遊 大手筋店「中華そば全部のせ」(伏見桃山) もっと読む »

ラーメンぶんや「味付け玉子鶏濃厚」レンゲが立つ!濃厚鶏白湯(伏見淀)

レンゲが立つほどに濃厚な鶏白湯ラーメンの好きな方に朗報。京都には天下一品、極鶏、麺屋さん田など高粘度な濃厚鶏ラーメンがありますが、これらのお店に匹敵する濃厚さを誇るラーメンが伏見の淀駅前にある「ぶんや」です。しかも鶏だけ …

ラーメンぶんや「味付け玉子鶏濃厚」レンゲが立つ!濃厚鶏白湯(伏見淀) もっと読む »

つけ麺きらり「魚介豚骨つけ麺」濃厚スープと自家製麺の極太麺(伏見桃山)

伏見いや、京都のつけ麺の美味しい店として必ずその名が挙がる「つけ麺きらり」。週末・平日、時間帯にかかわらず常に行列の絶えない有名店。 濃厚な魚介豚骨スープとモチモチの極太麺は一度食べると二度三度と食べたくなる味で、その虜 …

つけ麺きらり「魚介豚骨つけ麺」濃厚スープと自家製麺の極太麺(伏見桃山) もっと読む »

JRA京都競馬場♪屋内遊び場「Paka Run!パカラン」2024年4月20日オープン

ボーネルンド社がプロデュースJRA京都競馬場に親子向けの大型屋内あそび場「Paka Run!(パカラン)」が、2024年4月20日(土)京都競馬場ステーションサイド1階にオープン。お子様の年齢や遊び方に合わせた4つのエリ …

JRA京都競馬場♪屋内遊び場「Paka Run!パカラン」2024年4月20日オープン もっと読む »

新茶の茶摘み体験@お茶と宇治のまち交流館 茶づな(2024年4月13日~5月中旬)

お茶と宇治のまち交流館「茶づな」は、宇治茶が持つ長く由緒ある伝統や作法、宇治で繰り広げられてきた歴史を様々な形で楽しく学べる施設。 新茶の収穫時期にあわせ、茶づな専用の茶園にて「茶摘み体験」を2024年4月13日(土)~ …

新茶の茶摘み体験@お茶と宇治のまち交流館 茶づな(2024年4月13日~5月中旬) もっと読む »