【2/8〜2/11限定】冬の大原・三千院でアツアツの大根焚き

冬の大原・三千院は、移りゆく四季の中で、最も荘厳なたたずまいを見せてくれます。三千院では毎年、2月11日の前後4日間限定で、「初午大根焚き」イベントが開催されます。初午とは、立春を過ぎて最初の午の日のこと。大原の里で採れた立派な大根を、護摩堂でご祈祷し、地元の女性たちによって、大きなお鍋で大根焚きが行われます。できあがったアツアツの大根焚きは、無料で参拝者に振舞われます。

大原で採れた立派な大根を護摩堂でご祈祷

地元、大原の里で採れた立派な大根は、護摩堂で1本1本、丁寧にご祈祷されます。この大根を作った農家さんは、1日に1,000本もの大根を収穫し、出荷準備を行うのだとか。

大きなお鍋でアツアツの大根焚き

ご祈祷が終わったら、大原女姿の女性たちが、大きなお鍋で大根焚きを行います。大根の芯までお出汁がしみ込んだ、アツアツの大根焚きが完成!

不動尊前広場で大根焚きを振舞い

三千院の大根焚きは、地元大原はもちろん、市内中心部からもたくさんの京都市民や観光客が訪れます。三千院は9:00に開門。冬の凛とした空気に包まれた往生極楽院や、「わらべ地蔵」に癒されるお庭を眺めながら、不動尊前広場まで進むと、そこには長い行列が!

大根焚きで無病息災

今年1年の無病息災を祈願しながら、アツアツの大根焚きを頬張ると、寒さも吹き飛ぶぐらいほっこり♪多いときは、1日で4,000人が来られる年もあったそうです。ご祈祷してもらったありがたい大根焚きをいただけるなら、待ち時間もあっという間かも知れませんね。 今年の「初午大根焚き」は、2月8日〜2月11日の4日間開催されます。寒さに負けず、小旅行気分で大原を訪ねてみてはいかがですか?

(掲載日:2020年2月4日 取材:とっておきの京都プロジェクト事務局

イベント情報

エリア名大原
イベント名冬の大原・三千院でアツアツの大根焚き
会場三千院
所在地京都府京都市左京区大原来迎院町
日時2020年2月8日(土)〜2020年2月11日(火・祝)
9:00〜
参加費無料
Scroll Up