【京北・宝泉寺】約束の200本桜公園プロジェクト①植樹編

京北・宝泉寺「200本の桜公園」を造るプロジェクトが始動

京都市内にある、京北(けいほく)というエリアをご存じでしょうか?
もしかしたら、京都市民でも「けいほく?知らない・・」という人がいるかもしれません。
その漢字が示す通り、「京都の北」に位置する京北は、京都市内でありながら、昔懐かしい里山の田舎風景が広がるエリアです。京都市内から、車だと約50分で行くことができる京北は、大自然を育み、旅人を癒してきました。京都ツウが最後に訪れる観光地と云われ、一度訪れるとその空気に魅了され、大都市から移住してくるアートな住人も多いんだとか。

今回は、その京北に佇む、小さな寺院が取り組んでいるプロジェクトをご紹介します。その寺院の名前は「金花山 宝泉寺」。京都府下や大阪府、兵庫県にも「宝泉寺」という同名の寺院がありますが、京都市右京区京北の宝泉寺です。

「金花山 宝泉寺」は、南北朝時代の延文元年(1356年)、心蓮上人が母の病気平癒を祈願し、十一面観世音をご本尊として、高雄山神護寺から京北に移転し、開創されたと伝えられています。その後、真言宗御室派の寺院として、古くから人々の安寧を祈願し、護摩を修してきました。

2018年秋、その宝泉寺の裏山に「200本の桜公園」を造るプロジェクトが始動しました。もともと宝泉寺には、樹齢50年の八重紅枝垂れや、世界遺産の仁和寺から移植した御室桜など、たくさんの桜が毎年キレイな花を咲かせてくれます。大きな八重紅枝垂れには「平安しだれ桜」や「観音桜」という愛称が付いています。京都市内中心部より少し遅咲きの桜で、4月中旬頃に満開を迎えます。大きな枝を広げて咲くその姿は、毎年欠かさずプロのカメラマンが足を運ぶほどの美しさです。

先代住職と妻・隆子さんとの「約束の桜」

プロジェクトの主人公は、12年前に亡くなった先代住職の妻、尾池隆子さん(88歳)。檀家の皆さんに愛される、おもてなしが大好きなおばあちゃんです。先代住職がご存命の頃、「この場所に新しい桜の名所を造って、過疎化が進む京北をもっと元気にしたい」というご夫婦の想いが、この「京北200本桜プロジェクト」の始まりでした。隆子さんは、「皆さんの助けのおかげで、公園整備に向けて動き出しました。宝泉寺の桜公園を、たくさんの人に見に来てもらいたい」と語ります。

ご高齢の隆子さんを支えるのは、37代目住職である息子の文章さん(61歳)。文章さんは、宝泉寺の住職を務める傍ら、旅行会社も経営されています。お忙しい日常を過ごしながら、ご両親の約束を叶えるため、この200本桜プロジェクトに取り組んで来られました。

山を切り開き桜の植樹がスタート

亡き先代住職との約束を果たすべく、2018年11月に第1弾の桜の植樹が行われました。第1弾で植樹した桜の木は、なんと約150本!全ての苗木は尾池さんが購入。想いの強さを感じます。
公園の中央にある東屋は「花楽庵(からくあん)」と名付けられました。「雨の日でも、訪れてくれた皆さんが、花をめいっぱい楽しめるように」という想いを込めて名付けられたそうです。

桜の植樹を任されたのは、先代住職の時代から宝泉寺の庭師を務める、加地正樹さん(67歳)。今や宝泉寺の代名詞となった「平安しだれ桜」や「観音桜」をお寺に寄贈し、仁和寺から「御室桜」を移植された方で、50年もの間、桜のお世話をして来られたベテラン職人さんです。

切り開かれた宝泉寺の裏山は、適度な水分を含んだ腐葉土で日当たりがよく、桜の植樹にうってつけの立地。第1弾で植樹した約150本の桜の苗木は、加地さんを含めた庭師3名で、10日がかりで植樹が行われたそうです。桜の成長を想定し、何メートルの間隔を空けて植えるか?どのようなルートで遊歩道を整備するか?釣鐘堂はどこに建てるか?200本桜公園の設計図は、職人加地さんの頭の中で鮮明に描かれています。 

第1弾で植樹した約150本は、2mほど育った大きめの苗木が植樹されました。樹木医によると、植樹後は根がしっかりと張っているため、2020年の春には桜が咲くだろうとのこと。1年間で約30cm以上も大きく成長するそうです。花の量が増えて、立派な桜に育つのは3〜4年後。満開のころに、毎年見に来るのも楽しみですね!

そして、年が明けた2020年3月に第2弾の植樹が行われました。約50本の桜の苗木を追加。加地さんをはじめ、庭師さん数名で3日がかりで完了する予定だそうです。1mほど成長した若木を、1本づつ植樹していくのは、本当に大変な作業です。第1弾で植樹した150本とあわせると、全部で200本。この日、「京北200本桜公園」が誕生しました!

ご高齢の隆子さんの代わりに、ご住職の文章さんがちょっぴりお手伝い。今回で200本の桜の苗木植樹が完了!あとは、桜が満開に咲き誇るのを待つばかり・・かと思いきや、文章さんにはもうひとつ、サプライズな計画がありました。

それは、2021年4月に200本桜公園で、結婚式を執り行うというもの。なんと、京北で挙式をされるカップルに、結婚式をプレゼントされるそうです!衣装やヘアメイク、ウエディングケーキ、祝い酒、引き出物のお菓子などは、全て京北にある店舗で手配!都会からやって来るカップルを、京北の地元をあげて皆でお祝いしたいという気持ちから、この計画を思いついたそうです。
現在、2021年4月に結婚式を挙げるカップルを募集中!詳しくは、宝泉寺までお問合せください。
(金花山宝泉寺 TEL:075-852-0407/Mail:oike@kyoto-hosenji.jp
来年、桜公園で執り行われる結婚式の模様は、後日ご紹介します!

「とっておきの京都プロジェクト」では、今後も、宝泉寺の尾池隆子さん、ご住職の文章さんをはじめ、約束の200本桜公園に関わる皆さんを取材させていただき、桜公園が完成するまでの物語をお届けします。

(掲載日:2020年5月11日 取材:とっておきの京都プロジェクト事務局

スポット情報

エリア名京北
スポット名宝泉寺
所在地京都市右京区京北下熊田町東旦15
TEL075-852-0407
Mailoike@kyoto-hosenji.jp
Scroll Up