阪急洛西口駅 大原野ならではの駅名板~京都西山(西京)~

洛西口駅の歴史をちょっとご紹介。阪急京都線の洛西口駅は洛西エリア・大原野の玄関口らしく、駅にはこの地域ならではの様々な意匠が見られ、降りた瞬間からワクワク感いっぱいの駅です。洛西口駅は地域の再開発にあわせて2003年(平成15年)に開業。阪急電鉄では1973年(昭和48年)に千里線山田駅が開業して以来30年ぶりの新駅開業です。2016年(平成28年)に連続立体交差化工事が完成し全線が高架化になりました。駅舎の所在地は京都市西京区ですが、ホームの一部は向日市にまたがっています。

高架下は文化や流行の発信地
~TauT阪急洛西口~

2018年(平成30年)には高架化で生み出された洛西口~桂駅間、総延長約1kmの高架下空間を開発した、物販やサービス・飲食店などの店舗や施設が軒を連ねる「TauT阪急洛西口」がオープン。誰でも気軽に利用できる「トートひろば」設置し、ヨガなどの地域交流のサークル活動のほか、ワークショップや体験会、マルシェイベントなどが随時開催され、地域住民や関係者と連携を図りながら、さまざまな活動に取り組んでいます。また、京都市交流促進・まちづくりプラザもあり子供のあそび場「ガタゴト」、多目的室、ライブラリー、カフェがあり地域の拠点にもなっています。

阪急でここだけ?!
大原野らしいデザインの
駅名標(駅名板)

洛西口駅の駅名標(駅名板)です。通称「駅名表示板」とも呼ばれています。洛西口駅のものは時刻表、路線図、停車駅の案内、駅の案内が一体化したタイプ。何が珍しいかと言いますと、駅名板は他の阪急電車の駅と共通ですが、縁を彩るデザインが「竹」なのです。しかもかなりリアルな青竹。洛西口駅から北方向、京都西山の麓の丘陵地帯は大原野とも呼ばれ、昔から竹林が多く良質な竹の子の産地なのです。現在「京たけのこ」と名付けられ、京都のブランド野菜としても全国的に有名です。

大原野の名所や名産品が
駅を彩ります

駅名表示板だけではなく、ホームの階段やエスカレーターの壁も地元を代表する風景や名産品のイラストがあちこちに描かれています。春になると大原野のあちこちで、朝掘りの竹の子の直売が行われている風景が見られます。

京都西山・大原野を
代表する風景~竹林~

竹林は大原野エリアの人々生活の一部に溶け込んでいます。8種類の竹垣が整然と連なる全長約1.8kmにおよぶ竹林道「竹の径(たけのみち)」は地元の方の散策路となっています。竹の径沿いには、世界でも珍しい竹専門の施設である京都市洛西竹林公園(入園無料)があります。園内には竹の資料館や子供の広場、約110種類の竹・笹が植えられている回遊式庭園の生態園があり、竹林美の自然観賞と竹の生態観察ができます。

紫式部もこよなく愛した大原野神社

奈良・春日大社の分霊を勧請し「京春日(きょうかすが)」とも呼ばれている藤原氏の氏神で、天皇も行幸した由緒あふれる古社。源氏物語の作者・紫式部も参拝に訪れ、この大原野の地をこよなく愛し作品に登場させています。大原野の本殿前に鎮座するのは、奈良の春日大社と縁が深いだけあり、狛犬ならぬ「狛鹿」です。

大原野の特産物と幻の花
~フジバカマ~

大原野を代表する農産物と言えば、何と言っても「竹の子」です。京都西山産の竹の子は高級料亭で使われたり、贈答品での消費が多いそうです。「大枝柿(おおえのかき)」は大ぶりで甘みが強い富有柿で、知る人ぞ知る京都市名産の果物。収穫量が少ないため、地元直売所での販売がメインとなり一般市場に出回ることは稀な柿です。一度味わうと、毎年買いに訪れるリピーターが多いとか。夏野菜の代表と言えば“千両なす”。「京都茄子」ブランドで出荷されており、濃い紫色とツヤが特徴。
秋の七草の一つ「フジバカマ」は、環境省が「準絶滅危惧種」に指定しており“幻の花”とも呼ばれています。大原野では平成10年に貴重な野生種が発見され、住民の方々が保全に取り組んでいます。

スポット情報

エリア名西京
スポット名洛西口駅
所在地京都市西京区川島六ノ坪町
アクセス阪急京都線洛西口駅下車
営業時間始発~終電
URL阪急電鉄
https://www.hankyu.co.jp/station/rakusaiguchi.html
TauT
https://www.taut-rakusaiguchi.com

(掲載日:2022年7月16日 情報提供:とっておきの京都プロジェクト事務局

京都とっておきの「節分祭」開催の神社&寺院(2024年2月3日)

京都の多く社寺では、暦の上では春の始まりである立春の前日に毎年「節分祭」が開催されます。節分は春夏秋冬の各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで「季節を分ける」ことを意味しています。なかでも春は一年の始 …

京都とっておきの「節分祭」開催の神社&寺院(2024年2月3日) もっと読む »

京都の老舗料亭で福井の恵みを味わう「福井の美食旅キャンペーン」

国の登録無形文化財として令和4年(2022年)11月に登録された「京料理」。古代から「御食国(みけつくに)」として塩や海産物など豊富な食材の産地として、都の食文化を支えてきた地である福井県の食材。この2つを融合させた食の …

京都の老舗料亭で福井の恵みを味わう「福井の美食旅キャンペーン」 もっと読む »

勝龍寺~龍神に勝った最強パワーの寺院(長岡京市)

龍神に勝利する最強パワースポット 勝龍寺(しょうりゅううじ)は山号を恵解山(えげさん)と言い、真言三宝宗(しんごんさんぽうしゅう)の寺院(※)。平安時代の大同元年(806年)、弘法大師 空海により創建されたと伝えられてい …

勝龍寺~龍神に勝った最強パワーの寺院(長岡京市) もっと読む »

洛西ニュータウン「ラクセーヌ専門店」2023年12月リニューアルオープン(西京)

2023年に創業40周年を迎えた、洛西ニュータウンのるショッピングセンタ-「ラクセーヌ専門店」。空調設備の全面改修、耐震改修、内外装のイノベーションのため、約5ヶ月の工事期間を終え、2023年12月15日(金)にリニュー …

洛西ニュータウン「ラクセーヌ専門店」2023年12月リニューアルオープン(西京) もっと読む »

京都西山 大原野神社~辰の干支大絵馬・龍と神鹿のコラボレーション~

大原野神社は長岡京遷都の際、都の鎮守社として藤原氏の氏神である奈良の春日大社から勧請を受け「京春日(きょうかすが)」とも呼ばれています。 例年、本殿の横には干支の動物と神鹿とが描かれた大絵馬が設置されています。令和6年( …

京都西山 大原野神社~辰の干支大絵馬・龍と神鹿のコラボレーション~ もっと読む »

京都西山 善峯寺~日本一の誉れ高き「遊龍の松」~

善峯寺(よしみねでら)は山号を西山(にしやま)といい、善峰観音宗の本山寺院。まさに京都西山を代表する寺院です。御本尊は十一面千手観世音菩薩で、西国三十三所巡礼の第二十番札所として観音信仰を深く集めています。 平安時代に源 …

京都西山 善峯寺~日本一の誉れ高き「遊龍の松」~ もっと読む »