世界遺産 醍醐寺へは新規運行の路線バスでの移動がオススメ!

便利な路線バスで山科観光を

2019年4月1日より、便利な路線バス「京都醍醐寺ライン」「西本願寺清水寺ライン」が運行開始しました!!
この路線を利用すると、「春期京都非公開文化財特別公開」開催中の毘沙門堂、安祥寺、隨心院、勧修寺や太閤秀吉が愛した「醍醐の桜」で有名な醍醐寺への参拝が便利になります。 今回は、それぞれの路線の利便性についてご紹介します。

「京都醍醐寺ライン」の利便性

京都駅から醍醐寺まで鉄道を利用する場合、JRと地下鉄を乗り継いで、移動時間は約35分。交通費は片道大人おひとり450円もかかります。
「京都醍醐寺ライン」を利用すると、京都駅八条口から醍醐寺まで乗り換えなしで約30分で到着。しかも、交通費は片道大人おひとり270円!もちろん、交通ICカードの利用も可能です。

「西本願寺清水寺ライン」の利便性

京都駅から近い観光地として人気の西本願寺を出発し、清水寺につながる五条坂から琵琶湖疏水が流れる山科方面まで移動できる路線です。路線上には、有名な赤穂義士大石内蔵助義雄を祀る大石神社があります。
「大石神社」のバス停は、「京都醍醐寺ライン」と交差しているため、西本願寺や清水寺を観光して、大石神社を参拝後、バスを乗り換えて醍醐寺までの移動も可能です。
運行開始したばかりの路線バス利用は、京都ツウなら知っておきたい移動手段!
スムーズに移動して、ゆっくりのんびり京都観光をお楽しみください。
※地下鉄・バス一日(二日)券をご利用いただけます。

(掲載日2019年4月23日 情報提供:京阪バス)

スポット情報

エリア山科
問合せ先京都醍醐ライン 京阪バス山科営業所
所在地京都市山科区大宅古海道町67-1
TEL075-581-7189
URLhttps://www.keihanbus.jp/
Scroll Up