Location

伏見

More Info

Read More

Date

10月 15 2019 - 12月 10 2019

Time

9:00 AM - 5:00 PM

醍醐寺霊宝館 秋期特別公開

国宝や重文が盛りだくさん!日本の仏教美術に触れる

上醍醐から下醍醐を含めて約200万坪に及ぶ広大な寺域をもつ醍醐寺は、京都で最も古い天暦5年(951)建立の五重塔をはじめ、金堂、薬師堂など歴史的に貴重な建造物、さらには仏像・絵画・工芸品など多数の寺宝を伝承している。昭和10(1935)に開館した醍醐寺霊宝館は、国宝や重文だけで75千点以上、未指定の文化財を含めると、約10万点以上に及ぶ寺宝を収蔵。彫刻、絵画、工芸、古文書など、日本の仏教史や美術史上貴重な資料が収蔵される。春と秋に特別展が行なわれ、その一部が公開される。

(掲載日:2019年5月16日)

エリア名 伏見
会場 醍醐寺
所在地 京都市伏見区醍醐東大路町22
日時 2019年10月15日(火)〜12月10日(火) 9:00〜17:00(16:00受付終了)
TEL 075-571-0002(醍醐寺)
参加費 1,500円(三宝院・伽藍の拝観含む)
Scroll Up