京都市の東端に位置する山科エリア。百人一首にも詠まれている「逢坂の関」の近く。東海道五十三次、最後の難所にして、京の東の玄関口として、昔から交通の要の役割を担っています。
忠臣蔵で有名な大石内蔵助が主君の仇討ちを達成するまで隠棲していたこのエリアは、その大石内蔵助を祀る大石神社、紅葉時期に山門石段全面の『敷きモミジ』で有名な毘沙門堂や勧修寺、随心院など見所がいっぱい。
明治の建築遺跡である琵琶湖疏水(山科疏水)沿いは、美しい木々が立ち並び、桜や紅葉のシーズンになると多くの人が散策を楽しみます。
清水寺に向かう清水坂が起源である京都の焼き物「清水焼」は、現在では山科に窯元が集積しており、年に一度の大陶器市には目利きで賑わいます。
南北に広がる山科エリアを毘沙門堂からスタートして、勧修寺や随心院まで足を伸ばすと、豊臣秀吉の桜で有名な世界遺産・醍醐寺もあと少しの距離です。
山科から醍醐までじっくりと見て廻ると新たな発見ができそうです。

京都市の東端に位置する山科エリア。百人一首にも詠まれている「逢坂の関」の近く。東海道五十三次、最後の難所にして、京の東の玄関口として、昔から交通の要の役割を担っています。
忠臣蔵で有名な大石内蔵助が主君の仇討ちを達成するまで隠棲していたこのエリアは、その大石内蔵助を祀る大石神社、紅葉時期に山門石段全面の『敷きモミジ』で有名な毘沙門堂や勧修寺、随心院など見所がいっぱい。

明治の建築遺跡である琵琶湖疏水(山科疏水)沿いは、美しい木々が立ち並び、桜や紅葉のシーズンになると多くの人が散策を楽しみます。
清水寺に向かう清水坂が起源である京都の焼き物「清水焼」は、現在では山科に窯元が集積しており、年に一度の大陶器市には目利きで賑わいます。
南北に広がる山科エリアを毘沙門堂からスタートして、勧修寺や随心院まで足を伸ばすと、豊臣秀吉の桜で有名な世界遺産・醍醐寺もあと少しの距離です。
山科から醍醐までじっくりと見て廻ると新たな発見ができそうです。

投稿記事

取材記事

イベント情報

9月

10月 2020

11月
Scroll Up