京都市の南東部に位置する伏見。かつては栄華を極めた豊臣秀吉が築城した伏見城の城下町として栄え、今でも門前町、港町としての風情を残した町並みが残っています。
幕末の動乱時には、坂本龍馬で有名な寺田屋事件や鳥羽伏見の戦いなど、歴史の舞台となった地域でもあり、散策しているとえもいわれぬ郷愁を感じることもあるかもしれません。
伏見は、かつて“伏水”とも書かれていたほどに、質の高い伏流水が豊富な地。その良質な水から作られる清酒は風味豊かな甘味と旨味に富み、兵庫・灘、広島・西条とともに、日本三大酒処として知られています。今でも数多くの酒蔵が軒を連ねており、酒造りのシーズンにはそこかしこに酒林(さかばやし)が出され、新酒の香りに誘われた人々が杯を交わしています。
昔ながらの商店街がいまなお活気があることもこのエリアの元気さを象徴しています。日本で最初のソーラーアーケードの下、地元の方の活気溢れる声が響いています。
京都駅から電車で約10分。千本鳥居で知られる伏見稲荷大社からもすぐ。このエリアには鉄道路線が3線通っており、伏見稲荷や宇治などの京都南部の観光拠点にもぴったりです。

京都市の南東部に位置する伏見。かつては栄華を極めた豊臣秀吉が築城した伏見城の城下町として栄え、今でも門前町、港町としての風情を残した町並みが残っています。
幕末の動乱時には、坂本龍馬で有名な寺田屋事件や鳥羽伏見の戦いなど、歴史の舞台となった地域でもあり、散策しているとえもいわれぬ郷愁を感じることもあるかもしれません。

伏見は、かつて“伏水”とも書かれていたほどに、質の高い伏流水が豊富な地。その良質な水から作られる清酒は風味豊かな甘味と旨味に富み、兵庫・灘、広島・西条とともに、日本三大酒処として知られています。今でも数多くの酒蔵が軒を連ねており、酒造りのシーズンにはそこかしこに酒林(さかばやし)が出され、新酒の香りに誘われた人々が杯を交わしています。
昔ながらの商店街がいまなお活気があることもこのエリアの元気さを象徴しています。日本で最初のソーラーアーケードの下、地元の方の活気溢れる声が響いています。
京都駅から電車で約10分。千本鳥居で知られる伏見稲荷大社からもすぐ。このエリアには鉄道路線が3線通っており、伏見稲荷や宇治などの京都南部の観光拠点にもぴったりです。

投稿記事

取材記事

イベント情報

6月

7月 2019

8月